サイトメニュー

自分に合った方法を選ぶ

医者と看護師

かかりつけ医に相談する

二重整形の術式にはメスを使うものと使わないものに分けられます。メスを使うものはまぶたに折り目をつける場所に切開を入れますが、ちょうど二重の場所になるので、傷跡がそこまで目立つわけではありません。近くでじっくりとまぶたを観察しない限りわからない程度なので、他の人に整形をしたとばれてしまうことはないでしょう。メスを使う方法は切開法といい、一度受けると元の状態に戻すことはできません。目元の印象を大きく変えることができるので、大胆にはっきりとした目元にしたいと言う人から人気があります。また切開をした時にまぶたの脂肪をとる施術も同時に行えるので、まぶたの脂肪が多いことで悩んでいる人にもおすすめです。まぶたの脂肪が多いと目が腫れぼったく見えてしまいますし、整形手術をしても綺麗に二重ができないこともあります。まぶたの脂肪を取り除く施術を単独で受けることもできますが、切開法と同時に行えば費用も時間も節約することができると言うメリットがあります。もうひとつの方法が埋没法で、メスを使わない方法です。これは糸でとめてまぶたに折り目をつけるだけなので、糸がとれてしまうと元の状態に戻ります。将来的に元に戻す可能性があるという場合には、切開法よりも埋没法が向いています。また自分で元に戻そうとしなくても、糸が外れてしまうと元に戻ってしまうと言うことも起こります。そのためまぶたの状態によっては埋没法よりも切開法が向いていることもあるようです。費用は切開法よりも埋没法のほうが安いのですが、費用だけで判断せずに自分に合った方法を選びましょう。二重整形は数多くのクリニックで取り扱いがあるので、自運の気に入った場所で施術を受けることができます。すでに行きつけのクリニックがある場合には、そのまま主治医に相談をして行きつけのクリニックで施術を受けるのが最も安全です。今までにどのような施術を受けたことがあるか、アレルギーはあるかなど既往歴や体質についての情報をもっているので、わざわざ説明をする必要がありません。それ以外にも好みの顔などを担当医が把握しているというメリットもありますし、通う時に慣れている場所のほうがストレスにならないという点も良いところです。費用が高いなど何か理由があって別のクリニックを受診したい場合には、かかりつけのクリニックに紹介をしてもらえると情報を別のクリニックにも送ってもらえるので、かかりつけのクリニックで行う時と同じような感じで施術を受けられます。もしも全く関係のないクリニックを受診する時にはかかりつけ医にそのことを伝えて、二重整形を受ける時に気をつけることなどを確認しておきましょう。特に目元に何かの処置が行われている時には、二重整形に影響を及ぼす可能性もあるので、しっかりと事前に確認をしておく必要があります。医師同士が知り合いの場合には書類だけでなく電話などで連絡をとってくれることもあるので、先にかかりつけ医に相談をすることをおすすめします。全く知らないクリニックで施術を受ける時には、いつもよりも慎重にカウンセリングをうけるようにして、費用以外にも不安があることは全て医師に聞いておきましょう。