サイトメニュー

時間を長く確保しておく

女性の目元

予算を伝えておく

二重整形は簡単にできて顔の印象を大きく変えることができるので、女性だけでなく男性にも人気がある施術です。施術を受けたことがない人が初めて選ぶのも二重整形が多く、人に知られずに整形をしたいという人もかなりの割合にのぼります。以前に比べると整形手術のイメージがよくなったとはいえ、噂されたりすることがあるのでできるだけ人に知られずにという気持ちになるのでしょう。二重整形は施術自体は時間がかからないので1日ですみますが、その後目が腫れることが多いので、その期間は人に会わないようにスケジュール管理をする必要があります。特に切開法というメスを使う方法は大きく腫れることがあったり、腫れている期間が長引くこともあるので、時間に余裕をもっておかなくてはいけません。人に知られても良いという場合であればサングラスなどで腫れている部分を隠して人前に出ることもできますが、それでも施術後数日間は安静にしていたほうが安全です。腫れている状態の時には激しい運動をすることは避けたほうがよいと言われており、通常の生活程度は大丈夫ですが、仕事で体を動かす場合などは腫れを長引かせてしまう恐れもあります。施術自体は短時間で済むので簡単だと思われることが多いのですが、施術後には長めに時間がとれるようにしておきましょう。そういった意味でも費用を多めに準備しておくことが大切で、もしも予定よりも長く仕事を休むことになっても大丈夫なように、費用面は余裕をもたせておきましょう。無理をすると症状がひどくなることがあるので、事前に準備をしておくことが大切です。整形手術を受ける時に気になることのひとつに費用の問題があります。二重整形の施術法には埋没法と切開法のふたつがあり、埋没法のほうが費用が安いという特徴があります。施術法に大きな違いがあるのでかかる費用も変わってくるのですが、埋没法といってもまぶたに通す糸の通し方によって費用に差がでてきます。これは糸をとめる数の違いと糸の通し方によって違ってきます。まぶたに折り目をつける時には1か所だけ糸をとめるだけで、二重瞼にすることができますが、とめる位置が少ないと糸が外れて二重がとれてしまう恐れがあります。施術直後は綺麗な二重になっていたとしても、毎日生活をしているうちに糸が外れてしまったり、目をこすっているうちに糸がとれたりする可能性も考えられます。もしも、そのようなことになってしまうと、もう一度施術を受け直さなくてはいけないので費用が二倍かかることになります。まぶたの状態によって糸のとれやすさに違うがありますし、目を触るクセがあるかどうかでも違ってきます。施術法をはっきりと決めるのは、事前に受けるカウンセリングの時です、医師が診察をしてまぶたの状態を見て決めますが、自分の希望がある時にはここで伝えるようにします。施術法を決めると言うことは価格にも関係してくると言うことなので、予算に上限がある場合には良さいないでおさまるようにしてもらいましょう。ただ施術法を決めると言うだけでなく、それがかかる金額に大きく関係してくるということを考えて慎重に施術法を決めましょう。糸が外れやすい人は埋没法よりも切開法が向いていること可能性もあります。